ブックタイトル「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーンガイドブック

ページ
23/56

このページは 「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーンガイドブック の電子ブックに掲載されている23ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

「福が満開、福のしま。」ふくしま秋・冬観光キャンペーンガイドブック

七日町駅只史※写真はイメージです。歴至猪苗白虎隊十九士の墓飯盛山会津さざえ堂会津武家屋敷会津藩主松平家墓所郷下代至郷至49磐梯河東IC磐越西線磐越自動車道磐越自動車道白虎通り大広田駅118会津若松駅401至喜多方至喜多方至七日町駅七日町通り北小路通り49至柳津大町通り中央通りいにしえ夢街道御薬園東山温泉ハイカラさん※路線は時間帯などによって変更になります。會津藩校日新館鶴ヶ城あかべぇ会津若松市のスイーツを食べて温泉に入ろう!「まち歩きスイーツ&カフェ」[会津:会津若松市]スイーツパンフ掲載の店舗において、ワンコイン(500円)で各店独自のスイーツが楽しめます。また、2つスタンプ(1スイーツ=1つのスタンプ)がたまれば、東山・芦ノ牧温泉の日帰り入浴が500円で楽しめ、お楽しみ抽選会へ応募することもできます。α会津若松市内15店舗β通年δ店舗による※スイーツパンフに掲載ε1スイーツ500円κ会津若松観光ビューロー?0242-23-8000ο店舗による会津若松IC252道会津只見線西若松駅至会津美里道の駅あいづ湯川・会津坂下可月亭庭園まちなか周遊バス運行路線あいづ着物さんぽ[会津:会津若松市]歴史情緒ある会津若松は和服が似合う街。和服(着物)を着て今までと違った会津を楽しみませんか。蔵や歴史的な建造物もあり、写真スポットもたくさんあります。α会津若松市内各所β4月上旬~11月末(さくらまつり期間~紅葉シーズンまで)ε3,000円程度ζ電話、ホームページなどκ㈱まちづくり会津?0242-38-2822あいづ食の陣[会津:会津若松市]会津若松市内の飲食店や宿泊施設の料理人がそれぞれに腕を振るい、旬の会津産農産物を使った「会津の食」でおもてなしします。期間中は、産地ならではの新鮮な米、酒や会津地鶏を使った特別メニューを堪能できます。「あいづ食の陣」の赤い旗を目印に、イベント参加店に足をお運びください。α会津若松市内の飲食店、宿泊施設、直売所などκ会津若松市農政課?0242-39-1253νhttp://aizu-shokuno-jin.jp/大正浪漫の雰囲気がただよう七日町通りは、藩政時代には、会津五街道のうち日光、越後、米沢街道の主要道路が通り、城下の西の玄関口として問屋や旅籠、料理屋が軒を連ねていました。明治時代以降も重要な通りとして繁栄を極め、昭和30年代頃までは、会津一の繁華街としてにぎわっていました。現在はステキなカフェやショップが並び賑わいを見せています。昼膳を楽しむ[会津:会津若松市]会津で昼食を食べる場合は、ぜひ「からり妓さん」の演舞も一緒にいかがでしょうか?古より受け継がれてきた伝統芸能とおいしい食事を堪能しながら素敵なひと時がすごせます。α会津若松市七日町3-28(渋川問屋)β通年γ11:00~21:00、からり妓さん(11:30~14:00)δ無休ε1名45分間10,800円ζhttp://shibukawadonya.com/oshinagaki.htmlからフォームを入手しFAXで予約。κ渋川問屋?0242-28-4000ν田事でも実施しています。田事?0242-24-7500二次交通七日町通り[会津:会津若松市]α会津若松市七日町β通年γ各店舗により異なるδ各店舗により異なるε無料κ七日町観光案内所?0242-23-9611οJR只見線七日町駅下車すぐ、JR磐越西線会津若松駅から車で約10分、磐越自動車道会津若松ICから車で約15分からり妓さん(東山芸妓)とまちなか周遊バス(市内左回り)「ハイカラさん」[会津:会津若松市]二次交通「ハイカラさん」は、JR磐越西線会津若松駅を起点として七日町⇒鶴ヶ城⇒御薬園⇒会津武家屋敷⇒(東山温泉)⇒飯盛山などの主要観光施設へアクセスする周遊バスです。α会津若松市内β通年γ会津若松駅発:8:00~17:30(30分間隔の運行)δ無休ε1回乗車210円(小人110円)、1日フリー乗車券500円(小人250円)κ会津乗合自動車㈱若松営業所?0242-22-5555οJR磐越西線会津若松駅前広場(6番乗り場)まちなか周遊バス(市内右回り)「あかべぇ」[会津:会津若松市]二次交通「あかべぇ」は、JR磐越西線会津若松駅を起点として飯盛山⇒(東山温泉)⇒会津武家屋敷⇒御薬園⇒鶴ヶ城⇒七日町などの主要観光施設へアクセスする周遊バスです。α会津若松市内β通年γ会津若松駅発:9:15~16:15(30分間隔の運行)δ無休ε1回乗車210円(小人110円)、1日フリー乗車券500円(小人250円)κ会津乗合自動車㈱若松営業所?0242-22-5555οJR磐越西線会津若松駅前広場(6番乗り場)会津ぐるっとカード[会津:会津若松市]「会津ぐるっとカード」を提示すると、利用エリア内のJR線・会津鉄道・会津バス(まちなか周遊バス、地域バス含む)・磐梯東都バスが、2日間乗り放題になるほか、観光施設や宿泊施設・飲食店などの割引優遇サービスが受けられます。α会津エリアβ通年γ2日間有効ε大人2,670円、小人1,340円ζ販売箇所で「会津ぐるっとカード引換券」を購入、会津エリアの引換箇所で引き換えκ会津若松観光ビューロー?0242-23-8000会津若松観光にとっても便利!「手ぶらでまちなか観光」サービス[会津:会津若松市]会津若松市を訪問したお客様が「手ぶら」でまちなかを楽しめるよう、会津若松駅構内において手荷物を預かり、東山・芦ノ牧温泉内の宿泊する宿に荷物を届けるサービスです。※一部取り扱いのない宿があります。αJR磐越西線会津若松駅観光案内所β通年γ10:00~14:00δ無休ε無料ζ不要κ会津若松観光ビューロー?0242-23-8000οJR磐越西線会津若松駅内23写真はすべてイメージであり実物とは異なります。情報は基本的に2017年10月1日から2018年3月31日までの内容を掲載しています。年末年始の営業については各施設へお問い合わせください。各イベント情報はご確認の上、お出かけください。